今日は休日でした。

先週と同じ場所の写真です。

nishikane 1

天候もまったくと言っていいほど同じ。

今回はベーコン載せポテトサラダサンドと
抹茶のシフォンケーキをいただきました。

bacon potato salad

10:00から音楽レッスン。
課題添削中にV度の3転時はバスが限定進行(下行)し
ソプラノが跳躍することと
Ⅱ度→Ⅴ度→Ⅰ度の重要性に気が付きました。
そう、新しい発見ではなく去年同じことを何度もやっているのに
その時に気が付かず、ようやく今、気付いたのです(笑)

ちなみにⅡ度の和音はハ長調で言えばdの3和音なので
Ⅱ、Ⅴ、Ⅰはd、Ⅴ、Ⅰ、つまりあの一世を風靡した蒸気機関車、
D51(デゴイチ)なわけです。

半ば強引ですか?ていうか
和声知らないとスルーされてしまうネタですね^^;

その後はランチ、今回は中華です。
ていうか久しぶりに行ってきました。

13:00ごろに到着しました。

柿木畠の名店です。今年なんと25周年。
すばらしいですね。

基本は2人前なのでさすがに食べきれません。
日替わりランチ(ユウリンチーとエビチリ)の半々セットにしました。

half and half

その後は雨の降りしきる中、金沢大学のキャンパスに行ってきました。

なぜに?と言われそうですが、その理由は後で述べます。

額菩提樹苑に祖父母の墓があるため年に数回、
山側環状道路を利用することが多いのですが
イオン杜の里ショッピングセンターを左折することはまずありません。

意を決して行きました。
金大の中央図書館で本を借りたいだけなのですが
なかなかたどり着けません。ていうか周辺に
駐車場がA,B,C・・・という風にたくさんあるのですが
サイトを検索すると学外や一般の方は来訪部局で発行される許可証が要るようです。
いや一般の方対象の駐車場はMだったような気がしますが
場所がわかりづらく結局、部外者は

wakamatsu parking

若松ロードパークに駐めました。
時刻はすでに15:00を過ぎていました。

雨の降りしきる中、傘を片手に
そこからやや傾斜のきつい坂道を歩くこと30分。

kanazawa univ central

2kmほど歩き、キャンパスにたどり着きました。

kindai stair

表示を見ると中央図書館はN2となっております。

さらに階段を上ります。

ありました。中央図書館です。

kindai chuou library

探している本はヴィンセント・パーシケッティの「20世紀の和声法」なのですが
この本の日本語訳版がここにしかないそうなのです。
ていうか本当にここにあるんでしょうか?
英訳版はすでに持っているんですが、
英語力のない自分は訳せないのです><

音楽(No.760 )というカテゴリの棚を探しても、ない。
20分ほどその場から動きませんでしたが、
何度見ても、ないので
サービスセンターに問い合わせてみると、なんと
書庫にあることが判明しました。

手荷物をロッカーに預け、鍵を掛けてから
2階下の書庫へ案内されました。

書庫で見たものは音楽のコーナーだけでしたが
一般の楽器店でもなかなか置いていない
それこそ音大の図書館に置いてあるような
分厚い事典や教本をお目にかけることができました。
ちなみに一般の方は5冊まで借りれるそうですが
2冊にとどめました。

とまあ結局は中央図書館に1時間ほどいましたが
入り口前の傘立てに立てかけてあったビニール傘が、ない。
あまり想像したくありませんが、間違えたか、盗ったかのどちらでしょう。

人生楽ありゃ苦もあるさ、を思い出しました。
傘なしの自分はおかげで30分間ずぶ濡れでした><

では最後にその貴重な教本の写真を載せます。

右が2007年に購入した英訳版です。

duel book

この本について知っていることは、あの
吹奏楽の神様と讃えられているアルフレッド・リードが
かつてマイアミ大学音楽学部の授業でテキストとして使用したことと、
日本を代表するジャズ・ピアニストで作曲家の穐吉(あきよし)敏子さんも
バークリー音楽院留学中にこのテキストで作編曲を学ばれたことの
2点です。確か数年前に紫綬褒章を受賞されましたよね。

バナークリックお願いいたします。

                ↓


original banner