日ごろ、重い物を運ぶ
業務に勤しんでおりますが、最初はなんともなくても、長い間
続けておりますと、身体のあちこちが痛み出します。

かつて目、肩、腰にという
医薬品のCMを観たことがありますが、あれは高さの順番を表しておりますね。
目や腰に負担が生じやすい職業というか業務といえばデスクワークですが、
目は範囲外として肩や腰は姿勢の状態によってはデスクワークと同様に
負担が生じやすいです。

いや、実は最近、姿勢の状態だけでなく
身体のどの部位を使っているかで負担の生じる位置が違うのではないかと
思うようになりました。

asahi beer middle 6case

例えば、何段にも重なっているビールケースを
持つ時です。以前はそれを両手でつかみ、つかんだ後はビールケースを
身体に密着させてからビールケースを引き寄せて運んでいましたが
だんだん肩がこることが多くなり気がつくと自分で肩をよく揉んでいました。

そこで最近は腕を引き寄せることは
肩が疲れる要因なのではないだろうか、それならば逆に腕を伸ばして、いや
ビールケースを持つときは引き寄せ、運ぶ時に徐々に腕を伸ばしたらどうだろうか
と考えました。

そしたら、肩こりが治りました。
いや、ていうか自分で肩をマッサージすることはなくなりました。

というわけで腕を引き寄せることは
肩が疲れる。腕を伸ばすことは腕が疲れる。とまあどちらにしても
疲れるわけですが、肩が疲れるよりは腕が疲れるほうがまだ良い気がします。

というわけで日ごろ、荷降ろしなどの業務に
追われ、なおかつ肩が疲れやすい方、まずはお試しください。

バナークリックお願いいたします。


original banner