original banner←バナークリックよろしくお願いいたします。

それでは昨日の続きです。

お昼は東京の高級フレンチ、ラ・シャンスさんに
行きました。大変久しぶりです。ワクワクします。

la chance

正面は文藝春秋社です。レストランはビルの地下にあるのです。

plaque

食器も立派です。

ginestet rouge 2008

おばさんがオーダーした赤ワインです。
ジネステ プレステージ 2008

ジネステといえばボルドー100選のワインの一つですね。
お肉料理に合います。

ぼくはペリエでした。

amuse gueule

前菜です。右のキュウリの下に敷いてある透明な台は
アンデスの岩塩だそうです。塩がキュウリに
徐々に染みこんでいくんですね。

pain

天然酵母のパンです。とてもモッチリしてました。

trois huitres

的矢(まとや)産の牡蠣です。とても身が大きくボリュームありました。
レモンをかけていただきました。左上に見えるものは
左からワインビネガー、コショウ、塩です。
ワインビネガーにはエシャロットが入っていました。

poisson

本日のメイン、魚料理です。

ソースはノイリーソースです。ノイリーといえば
ノイリープラットが有名です。複数のハーブを使った
リキュールです。白っぽいツブツブも見えますが
これは生クリームだそうです。

mouton

本日のメイン、肉料理です。

子羊のマディラソース仕立てです。
お肉はとても柔らかく羊独特の臭みがありませんでした。
右側に見えるものはサヤエンドウとかぼちゃのニョッキ。
左側に見えるものは上がごまをまぶした里芋、
下が菊の花だったと思います。もちろんいただきました。

dessert marron

お待ちかねのデザートです。
まずはプレデセール、栗を使ったデザートです。
マロングラッセの上に載っている白い棒はメレンゲ、
黄色いチップはさつまいも、皿の中に入っている
ムースは3層に分かれていました。
Mの文字がオシャレですね。

tarte marron

グランデセールはマロンパイです。

茨城産の利平栗が使われていました。
渋皮付きのままパイ生地で包まれています。

おみやげまでいただきました。

souvenir

さて、レストランを後にして、もう一か所
用事があるのですが、また長くなりましたので
明日、お送りいたします。

バナークリックお願いいたします。
                ↓
original banner