フランスの地図頭の中で仕事が山積になっている。2月一杯に仕上げようとしている仕事がまだ片付かなくてちょっとパニクッテいる。が、今日やるべき仕事で感動したおけい。感動が消えないうちにブログで伝えたい。


マダム櫻子にワインを依頼してきたM先生がいたと思いねぇ。M先生の出された条件でワイン選びをして1本ずつのコメントを用意したとも思いねぇ。マダムの多々ある欠点の中の1つに彼女はパソコンを一切触らない。


本人曰く「大物は(ただのデブ)こんなのしないの~。」で、おけいがでばらにゃあならんわけで、いつも口述筆記をさせられているわけ。で、私は今日感動したのです。


この仕事をしだしてワインのことを少しずつ理解してきたのだが、今日はす~っと頭の中に入ってきて(マダムが何度も文章校正をしたのでそれに付き合った私はより理解を深めざるをえなかった・・・疲れた)で、ともかく「ボルドーワイン」のことが分かったのです。ボルドーは面白いし、分かりやすいと思った。


それでどうだかを書き出すと長いので割愛。あしからず。


ただ1つだけ「テロワール」


テロワール素敵な言葉でワインを造り出すぶどうの育つ全ての環境のこと。テロワールがいかに大切で、造り手はテロワールを選べないので、与えられているテロワールを最大限に生かしてより良いぶどうを生み出す。良いワイン造りはそこから始まるということを理解した。


で、おけいはまた1つ階段を登りました。やれやれ・・・・・


追伸 


近々マダムはパリ空港上空から飛行機をおろさにゃ~。風邪も治ったし、蔵めぐりも終わったし、たまった仕事も少しずつ片付いたし、飛行機の燃料も底つくやろし・・・と、申しております。またみてね。